「てるてるソング」酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「ごまかさない仏教 仏・法・僧から問い直す」(佐々木閑・宮崎哲弥)

ごまかさない仏教―仏・法・僧から問い直す―(新潮選書) 作者:佐々木閑,宮崎哲弥 新潮社 Amazon 生まれ故郷の新潟県十日町の松之山温泉は野鳥の里。入口の駐車場に「ブッポウソウ」という鳥のイラストが描かれている。鳴き声が由来とのことだけどゼッタイに…

「日本のフォーク完全読本」(監修・馬飼野元宏)

日本のフォーク完全読本 シンコーミュージック Amazon ワタシの音楽の原点は70年代の歌謡曲、フォークソング。かぐや姫、拓郎、陽水、岡林、そして関西フォーク。この本は、ワタシが影響を受けたミュージシャンだらけ。どのページも懐かしくて、オモシロくて…

「芸人という病」(マシンガンズ 西堀亮)

芸人という病 作者:西堀 亮 双葉社 Amazon この本のタイトルはスゴイ!!!「芸人」というコトバを「流し」と置き換えたら、ワタシそのものになるなー!♪(笑)(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ 「笑いながら読み進めると、突然“真の豊かさ”を問われる哲学の書」「芸人…

「松本隆のことばの力」(藤田久美子インタビュー・編)

松本隆のことばの力 (インターナショナル新書) 作者:藤田 久美子 集英社インターナショナル Amazon 天才作詞家、松本隆。彼の詞でどれだけ感動したことか。吉田拓郎の『外は白い雪の夜』だけでもなにか賞をあげたいよねー!(^o^) 「作詞家、松本隆が50年のキ…

「地名崩壊」(今尾恵介)

地名崩壊 (角川新書) 作者:今尾 恵介 KADOKAWA Amazon 全作品読破を狙っている今尾恵介さんの本。地名の雑学が増える〜!!!(=^・^=) 「ブランド地名、災害地名、キラキラ地名のトリックに騙されないために、「ブランド地名」の拡大、「忌避される地名」の消…

MUSIC〜ブックカフェ de 「流し」 2024年2月(神保町)

てるてるソング(酒場のギター弾き) 小野塚テル ブックカフェ de 「流し」DE 2024年2月 神保町ブックカフェ二十世紀 ネオ書房@ワンダー店 千代田区神田神保町2-5-4 2F 03-5213-4853 「猫アートマーケット六本木」のあと、ダブルヘッダー!!!恒例の神保町…

「みんなのためいき図鑑」(村上しいこ・中田いくみ)

みんなのためいき図鑑 作者:村上 しいこ 童心社 Amazon 子どものころ、親から買ってもらった、学研の図鑑(違うかな!?小学館だったかな!?)。これにハマって、ハマって、何度も何度も繰り返して読んだ、というか観たな〜!!!!特に好きだったのが、昆…

「知識ゼロからの田中角栄入門」(小林吉弥)

知識ゼロからの田中角栄入門 (幻冬舎単行本) 作者:小林吉弥 幻冬舎 Amazon ワタシが小学生の頃の総理大臣といえば、佐藤栄作から田中角栄に代わった頃。記憶の中には日中国交正常化と沖縄返還がダブってたけど、それは佐藤栄作だったね。(笑)(=^・^=)スケ…

「いるの?いないの?」(京極夏彦・町田尚子)

怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3) 作者:京極 夏彦 岩崎書店 Amazon このシリーズ、やめてほしい……でもやめられない。読んでしまう……。(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ 怖い、こわすぎる……。子どもはこういうの好きなのかな!?田舎の古い家屋に住んでいる…

「喫茶店で松本隆さんから聞いたこと」その2「詞のつくり方」(山下賢二)

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと 作者:山下 賢二 夏葉社 Amazon いまでも宝物になっているのが、40年前にFMで放送された『松本隆の作詞講座』!カセットテープに保存されている。何気に検索したら、な、な、ナント!!!youtubeでその一部が聞けるじゃない…

「関西フォークがやって来た! 五つの赤い風船の時代」(なぎら健壱)

関西フォークがやって来た! ――五つの赤い風船の時代 (ちくま文庫) 作者:なぎら 健壱 筑摩書房 Amazon ワタシが影響を受けた関西フォーク。遡って聴いたなあ。オンタイムで聴いていないけど、あの音楽を初めて聴いた衝撃はいまも残ってるなあ!♪ 「1960年代、…

「喫茶店で松本隆さんから聞いたこと」(山下賢二)

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと 作者:山下 賢二 夏葉社 Amazon この本はいいわー!すごいわー!短いけど、どのページもメモりたいフレーズが満載だわー!!!さすがは松本隆っ!!!時代を言葉で切り取ってるねー!そのエッセンスを紹介しよう。 ・詞的な…

「パンツをはいたサル 人間はどういう生物か」(栗本慎一郎)

増補版 パンツをはいたサル 人間は、どういう生物か 作者:栗本慎一郎 (株)現代書館 Amazon ワタシが入学したときに一斉を風靡していた、明治大学教授の栗本慎一郎センセイ。この本、約40年ぶりに再読。懐かしい!♪小田原の実家から通学のときに厚木の有隣堂…

MUSIC〜「明治大学 校友会 港区地域支部 新年会」DE「流し」(赤坂見附)

French&Wine ビストロ アジル港区赤坂3-10-4 月世界ビル 2F 我が母校、明治大学の良いところは、OB同士の強いつながりがあること。歴史の伝統と愛校心の賜物だよね。(・∀・) ワタシが参加している港区地域支部。ちょっと遅めの新年会がありました! 今回も…

「ちょうつがい きいきい」(加門七海 軽部武宏)

怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい 作者:加門 七海 岩崎書店 Amazon このシリーズ、怪談えほんシリーズ、怖すぎるなあ!!! 子どもが、トラウマにならないかなあ!マイナスの想像力が働いちゃうなー!゚┐(´д`)┌ 部屋の扉を開けると、きいきいと音がする…

「自分が源泉 ビジネスリーダーの生き方が変わる」(鈴木博)

自分が源泉:ビジネスリーダーの生き方が変わる 作者:鈴木 博 創元社 Amazon 30数年前にたいへん影響を受けたセミナーのトレーナーだった、鈴木博さん。以前読んだこの本をなぜか、手に取りました。この時期に、このタイミングで再読できたことに感謝。今、ワ…

「中高年ひきこもり」(斎藤環)

中高年ひきこもり (幻冬舎新書) 作者:斎藤 環 幻冬舎 Amazon ドキッとするタイトルだなあ。知らなかった。これが日本の現実なのか。「ひきこもり」が話題になったのが、新潟の「新潟少女監禁事件」と「西鉄バスジャック事件」だったのだという。 「40~64歳の…

「ピストン堀口の風景」(山本茂)

ピストン堀口の風景 作者:山本 茂 ベースボール・マガジン社 Amazon ワタシ自身は格闘技はやらないのだが、ジャンルは問わず闘う男、強い男は好きなのだ。双葉山、大鵬、北の海、力道山、大山倍達、木村政彦、芦原秀幸、白井義男、ファイティング原田、具志…

「関西フォークとその時代 声の対抗文化と現代詩」(瀬崎圭二)

関西フォークとその時代: 声の対抗文化と現代詩 作者:瀬崎 圭二 青弓社 Amazon ワタシが音楽に興味を持ち始めたのは、昭和40年代半ばの演歌と歌謡曲だ。五木ひろし、小柳ルミ子、天地真理、麻丘めぐみ、アグネス・チャン、花の中三トリオなど。そしてその後…

「ぜったいに おしちゃダメ?ラリーとおばけ」(ビル・コッター)

ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と おばけ (サンクチュアリ出版) 作者:ビル・コッター サンクチュアリ出版 Amazon このシリーズ、いいなあ。楽しいなあ。(・∀・) 読み聞かせして、子どもの反応、見てみたいなあ!♪ 「いたずらモンスターのラリーを今までさ…

「日本その日その日」(エドワード・S・モース)

日本その日その日 (講談社学術文庫) 作者:エドワード.シルヴェスター・モース 講談社 Amazon この本、いいわー。涙が出そうになるわー。日本人の原点ってここだったんだね。 これを読んだときにも泣いたわー!(T_T)b lp6ac4.hatenablog.com 「近代に染まる…

MUSIC〜「社会福祉法人 県西福祉会 足柄療護園」DE「流し」(南足柄市)

社会福祉法人 県西福祉会 足柄療護園 南足柄市三竹 740-3 www.kensei-f.com ワタシの実家がある小田原市の隣の南足柄市。ここら辺の風景は落ち着くなあ! ワタシの中学、高校の同級生が理事長をやっている施設にお呼ばれしました!♪ みなさん楽しみに待って…

「洋食ウキウキ」(今柊二)

洋食ウキウキ (中公新書ラクレ) 作者:今柊二 中央公論新社 Amazon ワタシがひとりメシするときに、立ち食いそば、ラーメン、町中華、定食屋、立ち飲みというのがほとんど。寿司屋や洋食はほとんど食べないなあ。それは嫌いなのではなく優先順位のモンダイな…

「たかが江川されど江川」(江川卓)

たかが江川されど江川(新潮文庫) 作者:江川 卓 新潮社 Amazon 史上最高の投手は誰か!?という話題がたまに出るよね。昭和ということで限定すると、ワタシは急速では、阪急ブレーブスの山口高志。トータルではやっぱり、江川卓だっ!!! 作新学院時代、法…

「ちからたろう」(いまえよしとも・たじませいぞう)

ちからたろう (むかしむかし絵本 5) 作者:いまえ よしとも ポプラ社 Amazon 懐かしいなあ!これ確か、小学校低学年のときの学級文庫にあったような。何度も何度も読み返したっけなー!50数年ぶり!?(・∀・) ちからたろうが「のっしじゃんが のっしじゃんが…

MUSIC〜「キタセツ」様 手作りランチ DE 「流し」(大森)

最近、ご縁をいただいた大田区馬込の地元密着リフォーム会社、株式会社キタセツの社長、北川拓さん。大森駅と馬込駅のちょうど中間、とても便利。 何がスゴイって、社員と健康と社内コミュニケーションのために、毎日野菜中心のランチを手作りしているという…

「エレベーター」(有田奈央 文 大野隆介 絵)

エレベーター (ゾッとする怪談えほん) 作者:有田奈央 新日本出版社 Amazon 「怪談えほん」シリーズって、怖いよね。子ども向けだよね?なんでこんなに怖いんだろう!?トラウマにならないかな!?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル この本のテーマは、一人きりのエ…

「ぜったいに あけちゃダメ? ラリーのクリスマス」(ビル・コッター)

ぜったいに あけちゃダメ? ラリーのクリスマス (サンクチュアリ出版) 作者:ビル・コッター サンクチュアリ出版 Amazon この本のシリーズ、久しぶりに続編を読みました!いいなあ!これ。惹きつけられるなあ!♪ワクワク、ドキドキ、ハラハラの連続だなあ!こ…

「「常識」の研究」(山本七平)

新装版 「常識」の研究 (文春文庫) (文春文庫 や 9-13) 作者:山本 七平 文藝春秋 Amazon 最近、再読をしている山本七平氏。今の時代にあっても通用するもの、気づくことがたくさんあるなー!この本もまさにそう!(・∀・) 「あなたの「常識」、本当に合ってま…

「もいもい」(作 市原淳 監修 開一夫)

もいもい ボードブック (あかちゃん学絵本) 0~2歳児向け 絵本 作者:市原 淳 ディスカヴァー・トゥエンティワン Amazon この絵本、ユニーク、オモシロイわー!♪ 東京大学での「あかちゃん学絵本プロジェクト」でいろいろな実験をした中で、モイモイという言葉…