一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「勝負師」(米長邦雄・内藤國雄)

f:id:lp6ac4:20200709214821j:plain

勝負師 (朝日選書)

勝負師 (朝日選書)

 

 将棋が好きである。プロ棋士の生き様に憧れる。中でも大好きなのが元将棋連盟会長の米長邦雄氏。そして名曲「おゆき」で有名な内藤國雄氏。

 

東の米長、西の内藤、将棋界に2人のクニオあり――棋界内外での幅広い活躍、無類の人気と多才ぶりを誇る棋界の重鎮初の対談録。勝負の世界の今昔、希代の棋士たちの盤外戦術から、互いの人生観、モテ方のコツまでを縦横無尽に語り合う。才能と努力・運の関係、「勝負に辛い」先輩棋士の思い出、ファンを魅了した名対局の裏話、「大器」の見分け方、60歳を越えてどう生きるか、将棋の普及と棋界の展望……独特のユーモアと「勝負師」としての素顔がのぞく、吟醸のエピソードと本音が満載の1冊」そのエッセンスを紹介しよう。
 
 
・(米長)「謙虚さっていうのは大切でね。人間、幸せになるにはまず運がよくなければいけないんだけど、その運を呼び込むために必要なのが、「謙虚さ」と「笑い」この二つなんだね。
 
・(内藤)「どの世界でも、トップになるには才能と努力と運、この三拍子がそろわんとまず無理やと思う」
 
・(米長)「ぼくが思うに、才能っていうのは、努力い勝るもの、むしろ「努力しない」ということなんだ。将棋の世界でも、棋士はみな将棋が好きだから強くなるんですよ。もちろん、一生懸命やっているけど、好きでやっているいわば「遊び」なんです「好きこそものの上手なれ」というけど、才能=遊びなんだね。一方、努力とは、ある目標のために嫌なことを一生懸命にやること。努力しだけしても結局だめなんだよね。よく「才能がなければ、努力しろ」って言うけれども、そうではない。才能は「好き」ということなんです」
 
・(内藤)「天才とは、サービス精神である」たとえば、伊藤看寿詰将棋。あの詰将棋はサービス精神ですよ。どうやって将棋ファンを楽しませてやろうか。これでもか、これでもかという思いが伝わってくる。そして詰ました後の感じのよさ、開放感。あれはまさにサービス精神です。
 
・(米長)将棋も男と女の関係も、一対一の真剣勝負。男と女の関係で一番大事なのは、別れるときに、最後のひと言なにを言うか、これに尽きる。勝てばいいとか、一局終わったら用がないという態度は問題外。次回につながる美しい投了図、指了図をつくることができるかどうか、それがもてる男ともてない男の決定的な違いだろうと思うんです。
 
・(米長)ぼくは、人間には「分」というものがあると思っているんですよ。収入も、名誉も、女性も……とすべてを求めてはだめだ、と思っている。だからなにかをはじめるときには、必ず一番目か二番目のものを捨てることにしているんです。
 
・(内藤)関西では、現役のまま亡くなった棋士が多いんです。一方で、長生きしている人は、引退が早い。そこは、はっきり差が出ている。つまり、将棋は趣味で楽しむのならいいけれども、プロ棋士という職業は体に悪いんだ。勝てばいいが、対局に負けるのはしんどいんですよ。食べ物はまずくなるしね。
 

 

 

f:id:lp6ac4:20200709214821j:plain

勝負師 (朝日選書)

勝負師 (朝日選書)

 

 

「活版印刷 三日月堂 雲の日記帳」(ほしおさなえ)

f:id:lp6ac4:20200708181057j:plain

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

 

 早くも今年読んだ本のナンバーワンが決まりました!それがコレ!活版印刷 三日月堂。読み終わるのが惜しいくらい傑作です。ストーリー、登場人物の描写、まるで今のワタシの精神状態を映しだしているよう。(・∀・)

 
「小さな活版印刷「三日月堂。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった言葉。仕事を続ける中で、弓子が見つけた「自分の想い」と、「三日月堂の夢」とは――。感動の涙が止まらない、大人気シリーズ完結編!」そのエッセンスを紹介しよう。
 
 
人間が生きていくためには、自己主張も必要ですけど、調整も必要なんじゃないですか。年齢を重ねるほど、そっちが重要になる気がするんですけどね。
 
星空館、父にとっては思い出の場所ですから。こうして協力できて喜んでいると思います。わたしが生まれる前に母とふたりで行ったこともあったみたいですし、わたしも何度も連れていってもらった。なんとなく、あのときがいちばん父の近くにいられた気がします。父も私もおたがいの顔なんて見ずに、星を見ていただけなのに
 
みんながそれぞれ自分の大切な木について語ってくれた。亡くなった伯父が好きだった木のこと。家族とともに桜並木を歩いたときのこと。戦争中、出世稲荷神社イチョウをなでて出征した父親のこと。木の思い出を語り出すと、なぜかみないつのまにか大切な思い出にたどりつく木は人の心にも根を張り、底の方まで伸びていくのかもしれない。
 
言葉には根っこがるのかもしれない。目に見える葉や幹の下に根っこがのびて、土のなかに広がって……。地面のなかでほかの根っこと出会ったり、からまいあったりしているのかも。
 
本というのは、たくさん作って消費するものじゃない。みんなが同じものを繰り返し読んで、なにかを発見し続けていくものなんだ、って気づいたんだ。俺はそういう本を作りたい。いまの時代にはむずかしいかもしれないけどね。
 
・雲には実体がない。形がないし、さわることもできない。懸命に観察しようとしても、刻々と形を変え、とどまることがない。だが、考えてみれば、わたしたちの心に映る景色もそのようなものなのかもしれない。刻々と形を変え、実体はなく、さわることも、その場に残しておくこともできない。そして、わたし自身にしか見えない。だからなのだろうか、わたしが雲に惹かれるのは。見ると、さっき丸かった雲が形を変え、細長くなっていた。
 
・おいしい。お菓子は人といっしょに食べた方がおいしいってほんとですねお菓子はおもてなしのためのもの、むかしは神さまに供えるものでもあった。だからひとりで食べるより人と分け合った方がいい。ひとときを分かち合うために。
 
・不思議な言葉ですね。雲になる練習……。
 
雲日記を書くことで、わたしも雲になる練習をしてきたんですよ、きっと。でも、ただそれだけ。本にして、形に残してはいけない。雲には形がないのだから。
 
いくら手を伸ばしても、散っている花びらに触れることができなかった花びらは空気のようにふわふわと舞って、指のあいだをすり抜けていった世界も同じだ。結局大事なものは全部指のあいだをすり抜けていった
 
・「さっき、別れ際に水上さんに言われたんですよ、弓子さんに想いを届けろって。大丈夫、今日ならかなう、わたしが魔法をかけておいたから、って。高澤橋の近くで告げれば、絶対にかなうはずだって」魔法……。たしかに魔法だ。わたしはうつむいて、くすくす笑った。
 
「星をつなぐ線」「街の木の地図」「雲の日記帳」「三日月堂の夢」どれも秀作です。このシリーズが終わるのが淋しい!超オススメです。(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20200708181057j:plain

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

 

 

「世界一の方程式」(山田久志)

f:id:lp6ac4:20200708080118j:plain

 

f:id:lp6ac4:20200708080308j:plain

史上最高のサブマリン投手、阪急ブレーブスのエース、山田久志。あの流れるようなう美しいフォームから投げる速球、シンカー。いまでもその映像が目に焼き付いている。
 
中日ドラゴンズの監督を経て、WBCの2009年WBCサムライジャパンを世界一に導いたピッチングコーチとしても活躍。氏の最強の組織作りのノウハウとは?60歳を超える著者が20代個性派をまとめる対話術、イチロー、原監督を支えた参謀学とは?そのエッセンスを紹介しよう。
 
わたしがWBC投手コーチに指名されたのはイチロー担当」という意味合いも含まれているのだろうという自覚がありました。もはや球界では孤高の存在のようで、周囲から声をかけにく雰囲気に包まれているイメージがあるみたいです。普段のイチローはそんなとっつきにくい男ではありません。
 
 
イチローのへの手紙」
 
 
 
優勝おめでとう。君の苦労している姿を見て、わたしはずっと心を痛めていました。……でも、最後はやっぱりイチローらしく、かっこよく決めてくれましたね。さすがです。……。君の野球人生において、この優勝がまたひとつ誇れる、おおきな勲章になったね。……。最後になりますが、これからシーズンに入れば、また大きな記録への挑戦が待っている。これから気持ちを新たにして、大変だろうけど頑張ってほしい。今までは、コーチと選手の間柄でした。だから君にはあえて厳しいことを言ってきました。でも、それはイチローだからわかってくれていると信じていました。くれぐれも体に気をつけてプレーしてください。日本では馬鹿な男が、焼酎のお湯割りを片手に、君の活躍に一喜一憂しているんだからね。これからは一人のイチロー・ファンに戻って……。
 
 
「これでまたしばらく会えないな。これ、あとで時間があったら読んどいてくれ」「なんですか」そう言いながら、イチローはもうわかっているんです。すっごい喜ぶの。にこーっと笑ってね。可愛い後輩なんですよ。それがイチローとの別れの儀式だった。
 
あるとき、わたしの自宅の居間にあるファックスの受信ランプが点灯した。そこから出てくるイチローからの手紙に驚きました。待てども、待てども、ファックスの受信が終わらない。その手紙はまるで巻物のように伸びていくわけですから。それが、1メートル、2メートルなんてものではない。とにかっくず〜っと、ず〜っと、川のように流れ続けるのです。感動しました。イチローは毛筆で書いてくれているんです。わたしへの手紙を。大きな字でね。それもしっかりとした書体で、延々と、わたしに熱い気持ちをぶつけてくれた。うれしかった。今でも大切に保管しています。
 
最後の締めくくりは、達筆な太い字で
 
いずれまた、どこかで同じユニフォームを着られたらいいですね……。
 
その気遣い、やさしさが身に沁みた。コーチ冥利に尽きるじゃないですか。
 
「読みと計算があったダルビッシュのストッパー起用」「原監督はまったく曇りのない人」「星野さんの口説き文句」「大将の技量」「出会いが人生を変える」「グラウンドでは美しくあれ」など。

 

いいねえ……一流だけがわかる境地なんだろうねえ。野球っていいなあ。野球ファン必読っ!オススメです!(・∀・)♪

 

f:id:lp6ac4:20200708080118j:plain

 

「捕手(キャッチャー)はまだか」(赤瀬川隼)

f:id:lp6ac4:20200707044750j:plain

捕手(キャッチャー)はまだか (文春文庫)
 

先日、中学時代の同級生が亡くなった。……ショック……。彼が、もうこの世に いないとは……信じられない。誕生日が一日違いで中一のときは同じクラスだった。彼は優秀で成績は常に、トップクラス。追いつけなかった……。心よりご冥福をお祈りします。

 

さて、この本。同窓野球で、ただ一人捕手(キャッチャー)だけがやってこない……なぜ……!?

 

「福岡に住む遠山は東京からの手紙を受け取った。差出人は、昭和二十二年の夏、最後の旧制中等野球南九州大会の決勝戦を戦った相手校のキャプテン、木谷。三十三年目の敗戦記念日に再戦を挑んできたのだった。人生の明暗をそれぞれの過去に背負いながら、両校ナインは同じメンバーで試合に臨んだが……
 
一時が迫っても赤峰は姿を現さなかった木谷はナインを集めた。「全員先発で全員最後までやる。腕が折れても足をくじいてもやる。これがほんとのナインだ。つまり、あとはナインだ」どっという笑いのあとで姫野が聞く。キャッチャーは?」「おれがやる」と木谷が答えた。
 
・「きみは立派にゲームに参加したよ。赤峰、何かが欠けているというやつは、集まった連中の中にも多いんだよ。いや、みんなだみんな、この30年の間に何か欠けたものを秘めて集まったんだきみのようには、はっきりしてないものをね。ゆうべみんなと話していてつくづくそう思った。もちろん、おれもだ。さあ、行こう」

 

毎年、恒例の「同窓会ライブ」できるかな。やりたいなあ。彼の追悼も兼ねて。野球ファン必読っ!オススメです。(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20200707044750j:plain

捕手(キャッチャー)はまだか (文春文庫)
 

 

「サクランボの丸かじり」(東海林さだお)

f:id:lp6ac4:20200705200840j:plain

サクランボの丸かじり (丸かじりシリーズ42)

サクランボの丸かじり (丸かじりシリーズ42)

 

時々、定期的に読みたくなるのが、食のエッセイの天才、東海林さだおさん。最新刊が出たって!?そりゃもう読まずにおられない!(・∀・)


週刊朝日の超長寿連載「あれも食いたいこれも食いたい」ファン待望の最新刊。
男性エッセイでも根強い人気」そのエッセンスを紹介しよう。

 

「コンニャクの不思議」


おでんを頼むとき、「大根とチクワとさつま揚げとハンペンとコンニャクとタマゴ」といういうふうに、いつのまにかコンニャクが注文の中にまぎれこんでいる。特にコンニャクを食べたいと思ったわけではない。それなのに、無意識に口が「コンニャク」と言っている。「いつのまにか注文の中に入っている」というのがコンニャクのキーワード。


これらの発言の前には「決まってるだろうが」「決まっとるだろうが」と言うとる。これら「ワシ」「じゃ」「とる」は老人特有の言い方としてよく知られている。が、これらの老人用語が実際に使われいてるのを聞くことはまれである。「じゃ」も「とる」もなかなか居ない

 
「ポテトチップ解放運動」

 

ここで改めてポテトチップを一枚手に取ってよく見てみよう。袋入りの中から手探りで一枚。何と傷を負っている。一部が破損しているのだ。普通、破損している商品は売り物にならない。ポテトチップは雑居房であるから揺れ放題、毀れ放題。毀れても商品としての位置は揺るがず、消費者は「たくさんの毀れているものの中から無傷のものを探して食べるのが楽しい」などと言ってくれる。

 

その他、「どや、タルタルソース」「「ぶっこみ飯」出現」「ワンタン麺の落胆」「キクラゲ変身す?」「夢の納豆かき混ぜ機」「濡れ甘納豆のナゾ」「スナック菓子をボリボリ」「人参「不可解」」「味噌汁の具は何がグー!か」「わたしサクランボのファンです」「ビールは泡あってこそ」「焦げ目っていーな!」「トコロ天か葛切りか」「日本の鰻重このままでいいのか」「え?サンマをいっぺんに二匹!?」「サンマ二匹同時食べの成果」「「お通しはサービス」とは限らない」「ギョーマイに至る病」「メロンパンの触りのとこ」「機械仕掛けのTKG」「シメでシメる宴会」「猫の舌は猫舌」など。

 

その昔、付き合っていた彼女は、ワタシのことを「まるごと、大好き」って言ってくれたなあ!(笑)あ〜!サクランボ、丸かじりしたい!オススメです!(・∀・)!

 

f:id:lp6ac4:20200705200840j:plain

サクランボの丸かじり (丸かじりシリーズ42)

サクランボの丸かじり (丸かじりシリーズ42)

 

 

「だからあなたは騙される」(安斎育郎)

f:id:lp6ac4:20200705064435j:plain

10年くらい前、ちょっとしたインターネット詐欺にあった。(笑)ぜったいに自分は引っかからないだろう!という思っていたら見事に引っかかった!(笑)まあ被害額が少なかったからよかったものの。(笑)

 

さてこの本。「論理的・合理的・科学的精神を欠落した日本人へ本書をおくる。科学の時代と言われる昨今、しかし、カルト事件、詐欺事件など非論理的な事件が後を絶たないのはなぜかなぜ人は騙されるのかを科学する」そのエッセンスを紹介しよう。

 
 
人間は外見(見た目)で対象を判断する外見がいかにも医者らしい格好をしているというだけで、中身が本当に医者なのかどうかを確かめもせずに信じ込む。外見による人の見立ては日常生活でごく普通にとっている方法なので、日常生活の一場面にすーっと滑り込んでしまう。詐欺犯は「いかにも詐欺犯」という顔はしていないのだ。どこにでも居そうな顔をしている。優れた詐欺師の特徴は、その非特異性」ー特に異なるところ非ざる性質ーにこそある。まことに医者然としていて奇妙な所を少しも感じさせない。状況にごく自然に溶け込んでいるのだ。
 
・だが弱みはある。とりあえず真似したのは外見だけだから、中身を厳しく点検されるとボロが出る。多少の一般論は身につけていても、専門的なことを具体的に問われると一般論では対応できないからどうしてもごまかしになる。ちょっとこの医者、ニセ医者かも知れないと思ったらこんな質問はどうだろう。先生、メラノーマって何ですか!?」「ABO式の血液型って、何がどう違うんですか?」「主人が痛風だって言われたんですけど、キノフェンってどんな薬なんですか?」「叔母が副甲状腺が悪いって言われたんですが、副甲状腺ってどこにあるんですか」いい加減なことを言うか、口ごもるか、話をはぐらかそうとするかもしれない。これは怪しいと思ったら、こちらから騙しのテクニックを使う
 
「もしもマリックが競馬の予言」ができるのなら、「どうしてマリックは競馬場に行って稼がないのか」と考えれば、それが真実でないことは容易に分かろうとするものだ。霊能者を名乗る宜保愛子氏は、テレビ番組で「ツタン・カーメンの墓」を霊視した。でもそれならどうして、オウム真理教で「拉致された坂本弁護士一家」がどこにいるのかを霊視できなかったのか。
 
「ライフ・スペース事件ー「定説」は万能薬」「法の華の「足裏診断」ー「頭を取る」教祖」「サイ・ババの物質化現象−「神の化身」の技」「逮捕された心霊手術師ーパーミングの手品」「こっくりさん占いの怪ー井上円了氏の欺き」「神の手」をもった男ー考古学の藤村新一など。


いや〜懐かしい事件や出来事、多いなあ!これからもこれらの手口、出てくるだろうなあ。これで学習しておこう!オススメです!(・∀・)♪

 

f:id:lp6ac4:20200705064435j:plain

 

「しらふで生きる 大酒飲みの決断」(町田康)

f:id:lp6ac4:20200704010754j:plain

しらふで生きる 大酒飲みの決断 (幻冬舎単行本)
 

ワタシは酒が好きである。正確にいうと「ビール」が好きである。毎日「飲ーむ注意報」発令中である。「飲ーめる平和賞」「飲みねーと」されているのである。(笑)当然、酒をやめるつもりはないのだが、こんな本に出会ってしまった!!!(・_・;)


「名うての大酒飲み」として知られた町田さんが、なぜ禁酒を決断をしたのかを振り返りながら、禁酒を実行するために取り組んだ認識の改造、禁酒によって生じた精神ならびに身体の変化、そして仕事への取り込み方の変わるようなど、経験したものにしかわからない苦悩と葛藤、その心境を微細に綴る。全編におかしみが溢れながらもしみじみと奥深い一冊」そのエッセンスを紹介しよう。
 
 
とにかく昼間は飲まない、そして、仕事が終わるまでは飲まないという方針を打ち立てた私は、仕事はなるべく午前中に済ませる。午後四時以降は仕事をしない。などの運用上の工夫をしながら三十年間、一日も休まず酒を飲み続け、生きていればいろんなことがあるが自分の人生に概ね、満足し、このまま飲み続けて、まあ、あと二十年くらいしたら死ぬのだろう、と漠然と思ってた。ところが。ある日、大変化が起きた
 
・どういうことというと、ある日、具体的に申せば平成27年12月末日、私は長い年月、これを愛し、飲み続けた酒をよそう、飲むのをやめようと思ってしまったのである。その突飛な考えが頭に浮かんだ瞬間、私は私の理性を疑った。私は自分で自分に言った。「おまえ、自分がなにを言っているかわかっているのか」と。
 
・酒をやめた、というのは完全に酒をやめた状態を言う。これに対して、酒をやめようと思っている、という状態がある。整理すると、酒を飲んでいる→酒をやめようと思う→酒を飲むのをやめることを始める→酒を完全にやめた状態、という順番を経て人間は酒をやめるのだと思うのだが、果たして自分はいまどの状態にいるのか、そしてまた、どうなったら完全に酒をやめた、と言えるのか、ということである。
 
・簡単に言えば禁煙のジョークで、禁煙ほどたやすいものはない。私はしょっちゅう禁煙している。というのがあるがあれと同じことで、一昨年の十二月に気が狂って酒をやめようと思い立ったその瞬間、酒をやめた状態になった。そしてそれからの約一年さんヶ月間、一滴も酒を飲んでいない。これは酒をやめたと言えるのだろうか。たとえて言うなら、自ら悟りを開きたいと思って仏門に入り修行に励んでいるのではなく、一次の気の迷いで出家をして、そのまま一年くらい経ってしまった、という状態に近いだろう。
 
・はっきり言おうか。私はいまだって酒を飲みたい。飲みたくてたまらない。けれども飲まないで我慢している。なぜなら気が狂っているから。禁酒・断酒というのは常に自分の中の正気と狂気のせめぎあいであって、飲みたい、という正気と飲まないという狂気の血みどろの闘いこそが禁酒・断酒なのである。これを文学の業界では内面の葛藤と呼ぶ。
 
ワタシもいつかはこのような心境になるだろうか!?まあ、ビールを飲みながら考えよう!(笑)オススメです!(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20200704010754j:plain

しらふで生きる 大酒飲みの決断 (幻冬舎単行本)