一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「オレは悪太郎 わが野球人生のMEMOIR」(堀内恒夫)

f:id:lp6ac4:20190610060220j:plain

www.amazon.co.jp

昨日に続いてホリさんことジャイアンツのV9時代のエース堀内恒夫の本。しかも自伝だ。いいねえ〜!この歯に衣着せぬコトバ。これだよ、これ。今はこういう選手少なくなったからねえ。冒頭のまえがきを紹介しよう。

 

江川卓も、西本聖も、定岡正二も、ましては若い槇原や、橋本や、斎藤などはもってのほかだ。この本を読むことを禁止する。ゴチャゴチャいうな。これはコーチ命令だ。読むことまかりならぬ。本を読みたかったら、他の本を読め
オマエらにプラスになるような、ためになるようなことは、いっさい書いてない。これからオマエらがプロで生きていくためには必要なのは、一にも練習、二にも練習、三、四がなくて五に練習。

 

f:id:lp6ac4:20190610061208j:plain


オレの人生は違った。引退したときにもいったようにオレは素質でやってきた。第一にここが違う。オレの野球人生をマネなれたら困るのだ。コーチとして……。
オレがオマエらに小言をいう。これは叱っているのだ。
その昔、オレお上の人から、いろいろいわれた。しかし、そのとき、オレは叱られているとう意識もなかった。オレの解釈は「さとされている」というものだった。
なぜならー。ここが大事だ。


「オレがいなかったら、巨人は勝てやしねえんだ」

オレのバックボーンだ。若気の至りとも思わない。オレはそんな思いをバネにしてやってきた。
山があるから登るんだ。
門限があるから破るんだ。
これだよ、これ。

だからオマエたちのうちで、
「オレがいなけりゃ巨人は勝てねえんだ」とハラの底から思っているヤツは、門限破りやればいい。見つけたら2、3発はぶん殴るだろうけど、内心はほめてやってもいい。

 

いいなあ、ホリさん。監督としては不適格だったけど。(笑)野球ファン、オススメです!♪(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20190610060220j:plain

www.amazon.co.jp