酒場のギター弾き 小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「ストーリー思考で奇跡が起こる」(小山竜央)



ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚本」の作り方~


この本は、ウチ(ソーシャル・アライアンス)が書くべきだった……遅かった……。「目標設定」は古い!これからは「ストーリー設定」だ!というメッセージはもう10年以上前からウチが話しているメッセージだったのに……!(・o・)この本では「ストーリー思考」って言ってるね。そのエッセンスを紹介しよう。



・私は成功者の方々と会う機会が人と比べて多いですが、10年経って成功し続けている人はわずか1%しかいません。つまり、成功者の中でも「真の成功者」は1%しかいないのです。この違いの原因は……「人生の脚本」を創っているかどうかです。ストーリーの力です。


「目標達成思考」自体は、一見すると正しいことのように映るかもしれませんが、「自分を変える」ということを主眼とする場合、実は足を引っ張ってしまう傾向が強いのです。目標達成思考のTO DOリストは、「こなしていける」ということが前提になっています。しかし実際には、思い通りに物事が進んでいくことなど滅多にありません。これが「必ず直面する問題」です。


目標達成を追い求めるのではなく、もっと大きな視野を見据えた「目的達成」を目指すようにしてください。なぜなら目標はテーマに至るまでの通過点であり、それがゴールではないからです。


・いざテーマを設定すると、今度はそこに行き着くまでに様々な出来事や問題が起こります。それらが生じていく過程は、まさにストーリーそのものです。私は、ストーリーの力を活用して目的達成を果す考え方を「ストーリー思考」と呼ぶことにしました。


ディズニー映画が世界中で人気を博すのは、ストーリーの中でこれでもかというほどの起伏が仕込まれているためです。あなた自身のストーリーも、映画のストーリーと同じだと思ってください。主人公であるあなたがトラブルを抱え込んだとき、それはストーリーをより面白くするための要因に過ぎないと認識するようにしてください。振りかかるトラブルを解決すればするほど、問題解決のための「参考資料」は増え続け、あなたの問題解決能力は高くなっていきます。


【人の心を鷲づかみにする6つのヒント】

1 もっとも重要なことを初めに持ってくる
2 具体性に気を配る
3 理解可能な言語で語るようにする
4 意外性
5 心に訴える
6 その人の価値観を刺激する


そうだよねえ!順風満帆にはイカないもんねえ。うまくいくときもいかないときもストーリーを作っていこう!オススメです。(・∀・)




ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚本」の作り方~