酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「ぶらり一人飲み 東京昭和酒場」(MY WAY MOOK)



ぶらり一人飲み ~ 東京昭和酒場 (MYWAY MOOK フードシリーズ)


年を重ねるたびに、昭和の頃が懐かしく思えてくる。昔は、一人で酒場で酒を飲むということがわからなかったが、


人生酸いも甘いも噛み分けてくると「一人で飲みたくなるときがある」のよー!(・o・)!


さて、この本。「喧騒の中で感じる静寂 酩酊して噛み締める、日々の苦さ 酒が誘う「孤独の旅路」 下町を中心に、一人飲みしたくなる創業昭和限定の古酒場52軒を紹介。大衆酒場、大衆食堂、立ち飲み、角打ち……至福の一杯をここで」その代表的な店を紹介しよう。



ホンモノの古酒場はひと味違う。酒に合う旨い肴と、それを気兼ねなく楽しめる酒場の雰囲気だ。その雰囲気こそが「ホンモノ」感が出る要素だ。仕事の延長のコミュニケーションを目的とした酒場ではなく、単純に酒と肴を求める個の集まりであることがチェーン居酒屋とは大きく異なる。黙々とひとり酒を煽るもよし、客同士で仲良く会話するもよし。ホンモノの大衆酒場の懐は深い。きっと閉塞感漂う現代を生きていくうえで、一時の安らぎの場となるだろう。




「まるます家」「丸健水産」「まるよし」(赤羽)「江戸政」「一力」「酒山田や」(小岩)「酒山田やスタンドパブNARU」「江戸っ子」「」ハッピー」(亀戸)「ブウちゃん」(金町)「小島屋」(堀切菖蒲園)「酒場春」(柴又)「大はし」「天七」「千住の氷見」(北千住)「とん平」(本所吾妻橋)「松竹」(押上)「亀屋」(八広)「三四郎」(錦糸町)「かどや」(曳舟)「カネス」(一之江)「牛太郎」(武蔵小山)「ニューカヤバ」(茅場町)「山城屋酒場」(住吉)「三徳」(森下)「とよかつ」(恵比寿)「小伝馬」(小伝馬町)「大越」「藤田酒店」(神田)「野焼」(新橋)「秋田屋」(浜松町)「三平」(雑色)「かね将」(五反田)「浅野屋」(学芸大学)「久仁」(三軒茶屋)「井口」(笹塚)「加賀屋」(中野)「秋元屋」(野方)「戎」(西荻窪)「鳥もと本店」(荻窪)「川名」(阿佐ヶ谷)「鳥政」(大塚)「ふくろ」(池袋)「酒蔵厚岸」(大泉学園)「信濃路」(鶯谷)「万福食堂」(糀谷)「倉井ストアー」(立石)「七福」(清澄白河)「とん八」(東十条)「天将」(十条)「鈴博」(四谷)「酒ノみつや」(南阿佐ヶ谷)「飯田屋酒店」(鮫洲)


ウワサに聞いている名店揃いだねえ。全部行きたいねー!φ(..)メモメモ オススメです。




ぶらり一人飲み ~ 東京昭和酒場 (MYWAY MOOK フードシリーズ)