酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「社長のアツイ言葉」(武田斉紀)

あのモーレツな暑さも、ようやく落ち着いたけど、まだまだ30℃を超える日があるよね。アツいのは、気温だけじゃない、「コトバもアツい」!のだ〜!ということで読んだのがこの本。(笑)(・∀・)
 
「必ず再興させてみせる! 」「“好き"と生きよう」「やってみなはれ」…。 危機に強く伸びる会社の社長は、理念を明確に掲げ、提唱し、社員に共有・浸透させている! “本当に使えて、業績向上にも結びつく"企業理念のあり方と作成手法を、多くの実例を挙げつつ詳細に解説。経営者のみならず、これから起業しようと考えている人々やマネージャー層にも読んで欲しい一冊」その中の代表的なコトバを紹介しよう。
 
「恩送り」という言葉をご存知でしょうか。恩返しではありません「恩送り」です。お世話になった恩義は、近くにいる人には、直接返すことができます。しかし、すでに亡くなっている人に返すことは不可能です。そうした場合に、先人たちから受けた恩義を、次の世代に返す=送ろうという考え方が生まれました。これが「恩送り」です。恩義を本人ではなく、第三者に返すという意味です。
 
リクルート江副浩正の創業の精神。「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
 
・110年受け継がれたサントリー創業者・鳥井信治郎の言葉やってみなはれ」

 

いいなあ。短いけど響くなあ。「恩送り」かあ。これが代々、連鎖されてきたんだね。表紙の情熱の「赤」もいいね。( ・∀・)イイ!! オススメです。(・∀・)