一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「カセットテープ時代2018 懐かしの80sカセット、オーディオ、音楽」

f:id:lp6ac4:20190329041906j:plain

カセットテープ時代 2018 (CDジャーナルムック)
 

 

この本の表紙にピン!ときたら、ワタシと同じ青春を歩んで来たんだろうね!(笑)

 

ナンとも懐かしい!80年代の新しい(!?)音楽の流れを肌で感じた時代だったよね。(  ̄▽ ̄)♪

 

「大手家電メーカーの再生機の製造再開など、リバイバルムードのカセットテープ。カセットテープの御三家のひとつソニー製品を大特集するほか、世界の音楽文化に絶大なる影響を及ぼしたウォークマンもあわせて大特集。歴代モデルを徹底紹介した保存版企画。当時の思い出とともにお楽しみください」とのこと。

 

なかでも懐かしのカセットテープの写真が満載なのだ!

 

f:id:lp6ac4:20190328060005j:plain

 

↑ 今でも忘れない。このデザイン。ワタシが小6(昭和51年)初めて買ったカセットテープ。紙のケースだったよね。当時いくらだったかなあ。300円くらいしたような気が。

 

f:id:lp6ac4:20190328060109j:plain

 

↑ そして「AHF」「BFH」「CFH」のシリーズ。涙ちょちょぎれるなあ!

 

f:id:lp6ac4:20190328060137j:plain

 

↑ いまでも大切なカセットテープは「BHF」が多かった気がする。

特に「スーパーインタビュー NOKKO「特集イッツアソニー!!!」「日本のオーディオ・メーカー 栄枯盛衰物語」「ウォークマン歴代モデル142機種を一挙大公開!」は、懐かしい、懐かしスギル!!!(・∀・)!

 

久しぶりにカセットテープ聴いてみよ!オススメです。♪

 

f:id:lp6ac4:20190329041906j:plain

カセットテープ時代 2018 (CDジャーナルムック)