一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2018-11-23から1日間の記事一覧

「鉄道でゆく凸凹地形の旅」(今尾恵介)

鉄道でゆく凸凹地形の旅 (朝日新書) 東京に初めてやってきた中学生の頃、地下鉄に乗った。もちろん初めて。その時、銀座線の渋谷駅、丸ノ内線の四ツ谷駅を見て思った。「地下鉄じゃないじゃん!「地上鉄」じゃん!」(笑)そう、東京は凸凹地形なのだ!(笑…