一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2016-10-18から1日間の記事一覧

「天才たちの日課 クリエイティブな人々のクリエイティブでない日々

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々 この本はユニークだ。「フランシス・ベーコンからマルクス、アガサ・クリスティからピカソ、フロイトからカフカまで──古今東西の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映…