一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2014-10-30から1日間の記事一覧

「日本人のひるめし」(酒井伸雄)

やっぱり日常の楽しみって、ランチだよね〜!ランチじゃない!?いかにリーズナブルに美味しいものを食べるかって大事だよね〜!ところが、多くの日本人が昼食をとるようになったのは江戸以降でしかない。昔は一日二食だったのは有名なハナシだよね。その日…