一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2013-12-16から1日間の記事一覧

「カレーライスの誕生」(小菅桂子)

いまや「国民食」となったカレー。なぜか時々カレーを作りたくなる。食べたくなる。私の好きなのは、野菜カレー。なぜかカレーには、肉を入れたくないのだ。小さい頃からの習慣かもね。(・∀・)さて、インドに生まれ、イギリスを経て、近代黎明期の幕末日本に…