一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2013-06-15から1日間の記事一覧

「若干ちょっと、気になるニホン語」(山口文憲)

日本語が好き。街歩きが好き。もっと好きなのは「街歩きしながら、オモシロイ日本語を探すこと」(・∀・)さて、この本は、街で見かけた変な日本語を集めたもの。100連発。 そのエッセンスを紹介しよう。 【多目的トイレ】 場所は都内のJR駅の構内。「多目的ト…