一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2013-05-29から1日間の記事一覧

「将棋の天才たち」(米長邦雄)

私が大好きだった、昨年亡くなった日本将棋連盟会長の、永世棋聖・米長邦雄氏。五十歳にして名人位を獲得し、将棋史上に輝く最強棋士の一人だ。急逝までの四年半、毎週綴った珠玉の将棋エッセイを単行本化。やっぱり将棋の棋士は天才だと思う。そのエッセン…