一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2013-05-02から1日間の記事一覧

「西本阪急ブレーブス最強伝説 弱いチームを強くする方法」(四家秀

プロ野球真っ盛り!セ・リーグでは読売ジャイアンツがぶっちぎりの首位を走っているけど、私が子どもの頃、ぶっちぎりのチームが存在した。それが、阪急ブレーブス監督、西本幸雄。 1967〜79年の13年間を阪急ブレーブスの黄金期と呼ぶとすると(リーグ1位10回…