酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「のみタイム 家飲みを楽しむ100のアイデア」(パリッコ/スズキナオ)

家飲み」というコトバが流行っているけど、まあ、コロナの前から家飲みしているから、あまり実感がないけどなあ。(笑)


「こんな状況でも、楽しい酒の飲み方はあるはず。若手飲酒シーンを牽引する人気ライターのパリッコスズキナオが編集、執筆を務める飲酒と生活の本『のみタイム』をはじめます。お酒と一緒に、とにかく楽しく、何からも自由に、小さくも確かで幸せな時間、風景の中にある本を目指して。1杯目は100頁以上にわたり「家飲みを楽しむ100のアイデアについて考えました。日常を楽しくする、使えるアイデアが満載!」そのエッセンスを紹介しよう。

 

「家の備蓄庫から発掘したつまみで飲んでみる〜「缶べキュー」「普段飲まない酒を飲む〜刻みショウガを加えたテキーラ炭酸割り」」「ポップコーンを作って映画館気分で飲む」「こんな時だからこそチェアリングしながら飲む」「友達の話を心ゆくまでじっくり聞く」「インスタントコーヒー焼酎を飲む」「好きな酒場のメニューを再現して飲む」「家にいながら二郎系ラーメンを食べて飲む」「友人が決めたつまみを作って飲む〜とうふキムチ」「大きな魚を買ってきて数日分のつまみを仕込む」「近所の店のテイクアウトで飲んでみる」「普段行かないスーパーに新鮮味を求めてみる」「簡単もやしレシピで飲む」「エクレアをつまみにグリーンラベルを飲む」「外でラーメンを食べながら飲む〜「オコメノカミサマ」」「おつまみは300円以内で、と決めて飲んでみる」

 

ということで、さっそく、これから「サバ缶+玉ねぎ」サラダで飲みます。オススメです。(・∀・)