酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「話すチカラ」(齋藤孝・安住紳一郎)

 
この前、この本のマンガ版を紹介したけど、こんどは本編ですっ!気がついたら、ワタシも人前で話したり、歌ったりすることがシゴトになっていたけど、あらためてこのテクニックを使っているんだ!と気付きました!(・∀・)
 
 
『新・情報7days ニュースキャスター』で、司会者とコメンテーターとして共演しているふたりは、明治大学で先生と生徒の関係でした。中学校高校国語科の教員免許をもつ安住アナは、明治大の教職課程で齋藤孝先生の授業を受けていた!」そのエッセンスを紹介しよう。
 
 
・今回、齋藤先生から「話すチカラ」というテーマで出版のお話をいただいたとき、先生と出会ったきっかけである明治大学は外せないと考えました。そこで私の発案で、明治大学の教職課程の学生を前に、お話する機会をつくっていただきました。現役の明大生を相手にするのは、自分の心にもう一度火をつけるための作業でもありました。
 
・話し手も聞き手も、真剣に向き合っていると、お互いに心の炎を交換することができます。まずは自分が燃え上がり、なるべくたくさんの炎を相手に与える。そして相手からもたくさんの炎をもらいながら話す。これはコミュニケーションの基本であるだけでなく、よりよく生きていくための秘訣でもあると思います。明大生たちを前に話すことで、心の炎を交換できたことに感謝します。
 
人の集中力は15秒も持たない。このルールから、15秒をすぎて同じ話を続けてはいけないことがわかります。
 
・話にメリハリをつけても、どうしても時間を持て余すことはあります。その場合は、話の前か後に「無意味な余白」をつくるというテクニックもあります。たとえば、ものをゆっくりととり出すのに3秒を使い、残った秒数で取り出したものについて説明する、という具合です。
 
・私から見ると、みんな日本語に頼りすぎています。でも、人類の歴史を考えれば、私たちが言葉を獲得したのはつい最近のこと。言葉を使わずに生きてきた時代のほうがはるかに長いのです。あえて言葉を口にしなくても、人は3秒もあれば確実に伝えたいニュアンスを伝えられます。たとえば、お風呂に浸かって「いやー、適温のいい湯加減だ。気持ちいいお湯ですね。本当に一日の疲れがとれますね」→ 同じニュアンスを1秒で伝える「う゛ぁ〜〜」という唸り声ですね。ほとんど意味をなさない言葉ですが、感情はよく伝わります。
 
放送居のアナウンサーでも「えー」「あのー」のフレーズをしっかり抜くには、3年はかかります。「えー」「あのー」を入れないことを強く意識すると同時に、話したい内容を明確に持つクセをつけることも重要です。
 
・たとえるときは、できるだけ具体的にすべきです。「ビールを飲んだときのような爽快感」→スーパードライを飲んだときの、あの気持ち」のほうがイメージが明確になります。ビジュアルでたとえるのも1つの方法です。「本が部屋中にたくさんある」→ジャパネットたかたで電子辞書を売っているときみたいですね」のほうが、聞き手の視覚的なイメージがわきやすくなります。さらにもう少しイメージしてもらいたいなら、思い切ってモノマネをする手もあります。
 
男性の場合、日本語は中性的な話し方のほうが話しやすく、聞き入れてもらえる傾向にあります「おネエ系タレント」の人たちは、そろって饒舌です。この傾向を理解したうえで、あえて中性的な話し方をとり入れている人もいます。教育評論家の尾木直樹先生は、かつては厳しい論調の正統派の先生だったのですが、今ではやわらないあ口調で話す尾木ママのキャラクターが定着。おそらく、教育のシビアな問題も“ママ口調”のほうが話しやすく、聞き入れてもらいやすいと体験的に気づかれたのではないでしょうか。
 
「〜と思います」のように、話を曖昧にする語尾も要注意です。厳しくみると、まわりくどいのです。「あなたの心の動きはどうでもいいから、さっさとリポートしたら」と言いたい気持ちになるのです。この場合は、思い切って新しい豚丼のお店ができたようなのでリポートします」「新しいお店ができましたので、行ってみましょう」のほうがスッキリします。
 
「させていただきます」となると、さらにまどろっこしさが増します連発は最近のトレンドともいえます。「させていただきます」を多用すると覚悟がないように思われます。させていただきます」は、使って1回か2回です。
 
聞き手の人数に応じて話し方は変わります。相手が1人か2人かでも違います。私の実感では、100人を超えると、ほぼ同じ話し方でいいような気がします。この場合、みんなの集中力が途切れるタイミングが早いので、少し大げさに、芝居がかったような話し方を意識します。あえて言うと“変人風”が理想です。
 
・視点の切り替えを意識すると、人の心に響く表現ができるようになります。たとえば「飛行機で羽田から鹿児島に飛んだ」→羽田空港の13番搭乗口から飛行機で〜」と言えば、イメージが具体的になります。「会社で毎日仕事をして」→デスクでウィンドウズ10を今日も使いながら〜」のほうがリアリティがあります。
 
トランプのジョーカーは、「ジョークを言う人は、ときによっては権力者よりも優位な地位に立つことがある」という事実を暗示しています。実際、昔の貴族社会ではパーティーをする際、王様が威張り散らして場をシラけさせるのを見越して「道化師」を招いて余興をさせていたそうです。現代でも、権力者や権威をコケにするブラックユーモアは、上質な笑いとして評価されています。ユーモアのセンスには、価値観や情報の新しさなど、人間性が表れます政治家などを見ていても、ジョークのつもりで発した言葉が失言として非難されるケースがあとを絶ちません。
 
・注意したいのは「自慢」と「卑下」を上手に使い分けることです。話の中で笑いをとることができるかどうかは、「笑いの神に愛されているかどうか」に関わっています。笑いの神に愛されている人は、なぜか言動に可笑しみがあって、何気ない一言が笑いに変わります。
 
・私は明大生は傷だらけになって笑いをとりにいかないとダメですよ」と伝えいています。面白いことをまったく言おうとしない人は、その場に対する貢献度が低いとさえ私は思います。安住君も、明大OBらしくテレビの世界で日々笑いにチャレンジしています。
 
・以前、ビートたけしさんとお話ししたときにもっと褒められたい」と話されていたことがとても印象に残っています。案外、企業の部長や社長といった上役は、褒められる機会が少なくて、本音では褒められたがっているのではないでしょうか。
 
・どんな業界でも、仕事でいいアウトプットをしたかったら、その3倍くらいのインプットをしておく必要があります。いいアウトプットをしたいなら、できるだけ複合的に大量のインプットを心がけましょう。
 
「今夜も最後までどうぞおつきあいください」というフレーズは、十数年前に私が言い始めました。ところがあるテレビ番組で司会のキャスターがまったく同じフレーズを口にしている姿を目にしました。定番フレーズとして認知されたということなのでしょう。
 
・今、私のラジオ番組では、一回の放送につき1500通くらいお便りをいただきます。そのお便りは、ネットでは絶対に得られないコアなものです。
 
・放送局は言葉に関しては保守的なので、NHKとTBSでは0」を「ゼロ」と読んではいけないことになっています。
 
・相手のはっきりと意志を伝えたいとき、どうやって自分の話に耳を傾けてもらうか。そのためには場を制する」ことができるかどうかがカギとなります。演説が上手な人は話の内容のほかにも、「見た目が華やか」「服がお洒落」「堂々とした振る舞い」「よく通る大きな声」など、場を制するためのポイントを持っていることが多いです。
 
・私自身、毎日のようにイヤなことを言われますし、傷つくことも多々あります。私が傷ついたときには、カツカレーを食べて回復を図ります(笑)本当に理不尽な思いをしたときにはカツカレーを思い切り食べます「カツカレーを食べれば大丈夫」「もうカツカレーを食べたから元に戻った」と自己暗示をかけて、なんとか乗り切っています。
 
 
タモリのオウム返し」「テレビ8台購入」「安住紳一郎の日曜天国」「走れメロス津軽弁訳」「ソクラテスの弁明 関西弁訳」など。

 

これを使って、セミナーやトレーニングをやりたいね。オススメです。(・∀・)