酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「逆説の日本史23 明治揺籃編 琉球処分と廃仏毀釈の謎」(井沢元彦)

 
以前、ずっと読み続けていた井沢元彦さんの「逆説の日本史シリーズ」久しぶりに読みました。廃仏毀釈ってなんで起こったんだろう?ってずっと疑問に思っていた。
 
 
「1868年(慶応4)、政府の神仏分離」政策に力を得た神社関係者は全国で仏堂を壊し、仏像や経典を焼却するなどの暴挙に出た。廃仏毀釈である。彼らにより古来の貴重な仏教遺産は悉く破壊された。あの奈良・興福寺五重塔さえスクラップとして売り払われようとしたのである」そのエッセンスを紹介しよう。
 
 
和というのは聖徳太子が十七条憲法で規定した日本人最高の守るべき原理である聖徳太子自身は個人的には我が国の天皇家出身のナンバー2(摂政)であり、同時に熱心な仏教徒でもあった。にもかかわらず、日本人がまず従うべき原理は天皇でも無く仏教でも無く和である、とした。じつは和に対する信仰の根底には怨霊信仰がある。日本人は怨霊を恐れていた。ケガレを嫌うと同時に怨霊こそ悪の根源である、と考えていたからである。
 
・日本には仏教が入ってきた。さらにその後にキリスト教が入ってきた。この二つの宗教のきわめて大きな違いは、仏教が受け入れられたのにキリスト教は受け入れられなかったといことである。なぜ仏教は受け入れられたのか?「怨霊鎮魂についての有力な技術」としてまず導入されたのである。奈良の大仏はなぜ造られたのか?あの時天皇家では男系の子孫が絶え崩壊の危機にあった。きっかけは藤原氏が藤原出身の光明皇后を実現するため、皇族の長屋王一族を滅ぼしたからである。ところがその犯人である藤原四兄弟が次々に疫病で死ぬという不幸が起こった。これは天然痘が日本に上陸したからなのだが、古代人はそんな科学は知らない。光明皇后実現のために殺された人々の祟りととらえた。だからこそ四兄弟の妹である光明皇后の強い意向で大仏は造立された。それが井沢学説である。
 
さらにそのうち神道には無いもう一つの仏教の要素が日本人をとらえた。それは「あの世」あるいは来世である。仏教は来世を保証し、特に浄土教阿弥陀如来を信仰すれば極楽浄土に生まれ変わるという教義を持って日本人を虜にし、ケガレへの転落であった「日本人の死」を来世の希望に変えるという百八十度の転換を成し遂げたつまり仏教は神道の欠陥を補うものを持っていたため、広く日本人に受け入れられたのである。
 
・日本料理を代表するものを一つだけ挙げるとすれば、それは鍋料理である。鍋料理はどんな素材でも受け入れる。日本ものであれ、西洋のものであれ、中国のものであれ、一つの鍋の中で融合させ料理にしてしまう。これこそ「日本」で、もし日本教というものがあるとしたら、鍋の中にある具材ではなく、鍋料理という「システム」自体だろう。しかしキリスト教という強烈な食材は、鍋に入れると他の味を全部ぶち壊しにしてしまう超極からのカレーのようなものだ。だから我々の先祖はキリスト教を受け入れるのを拒否したのである
 
神仏分離とは政府が出した命令であり示した方針でもある。それを受けて民間で行われた仏教排撃運動が廃仏毀釈ということになる。もっとも激しかったのが旧薩摩藩領のの鹿児島県である。鹿児島県には国宝ないし重要文化財の仏像や建築を持つ寺院が見事に一つもない。徹底的に破壊されたのである。

 

日本新聞史上最低最悪の記事とは?」「毒酒=朱子学の問題点」韓国人が自然科学分野で誰一人ノーベル賞を獲れないのはなぜか?」「日本からパクったキャラ(『テコンV』)を愛国的CMに登場させる盗作国家・韓国」「古都奈良にも吹き荒れた「廃仏毀釈」の嵐=内山永久寺」「仏教は「殺人」を肯定しなかったから滅びた?」

 

やっぱりオモシロイわー。また読み直そう。オススメです。(・∀・)