酒場のギター弾き 小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

「高田馬場アンダーグラウンド」(本橋信宏)

f:id:lp6ac4:20210213060434j:plain

高田馬場アンダーグラウンド

高田馬場アンダーグラウンド

 

街歩きが好きだ。ワタシの夢はぶらり途中下車の旅の旅人になること。それを目指して「テル散歩」やってますよ〜!ネタ、探してますよ〜!(笑)東京でイチバン好きな街が、我が母校明治大学を有する「神保町」。二番目が御徒町アメ横」!神奈川ではやっぱり「野毛」が最高でしょ!(・∀・)

 

さてこの本、高田馬場はあまり馴染みがないなー!でも街歩きしたくなりましたー!

手塚治虫江戸川乱歩、「神田川」(かぐや姫)から、ビニ本、自販機本、ブルセラ、フードルまで。“伝説”はこの街で生まれた。この地を40年追い続けたノンフィクション作家が満を持して放つ、東京の異界シリーズ第5弾」そのエッセンスを紹介しよう。
 
・本書では行政上の住所である高田馬場一丁目から四丁目、およびその周辺として百人町、戸山、西早稲田、豊島区髙田、といった高田馬場駅を利用する範囲内を舞台にしている。
 
漫画の神様・手塚治虫高田馬場の何に惹きつけられたのか。
高田馬場の科学者で誕生したアトムをめぐるこの街の謎とは。
西城秀樹はデビューキャンペーンで高田馬場駅前の横断歩道を渡り、どこに向かって歩いていたのか。
神田川』はいかにしてフォークの聖地となりしか。
江戸川乱歩高田馬場で本業以外に営んだある仕事とは。
エロ本出版社はなぜ高田馬場で栄華を極めたのか。
政財界人御用達と言われた高田馬場「伝説の風俗店・マダムマキ」とは。
ブルセラと呼ばれる使用済み女性下着はなぜこの街で売れつづけるのか。
駅前にそびえ立つ複合型ビル・ビッグボックスは何を見つめてきたのか。
陸軍の街として栄えた土地にいまの残るミステリーとは。
高田馬場で殺された女優・菊容子の悲劇とは。
私の父はいったいこの街で何を夢見て、何を隠していたのか。
半世紀近く、この街をさまよい歩いた私自身の足跡を探ることが、高田馬場の知られざる姿を浮かび上がらせることになるだろう。この街の磁力とはいったい何か、を。
 
特に、マギー・ミネンコ」「作家たちの早稲田」「同伴喫茶」「成田アキラの記憶」「高田馬場のハッテン場」「江戸川乱歩(「貼雑(はりまぜ)年譜」「二銭銅貨」「孤島の鬼」「押絵と旅する男」「蜘蛛男」)」「ぼったくりの帝王=影野臣直とKグループ」
 
いや〜!なかなかディープだあ!神田川」誕生のエピソードは、何度聴いても感動するなあ!超オススメです。(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20210213060434j:plain

高田馬場アンダーグラウンド

高田馬場アンダーグラウンド