一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「ゆかいな珍名踏切」(今尾恵介)

f:id:lp6ac4:20200620054419j:plain

ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)

ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)

  • 作者:今尾 恵介
  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: 新書
 

昔、押阪忍司会の日本テレビ「特ダネ登場!?」珍名さんがよく出ていた。へえ〜こんな名前があるんだー!って感心していた!(・∀・)

 

さてこの本。「踏切には名前がある。それは実に適当に名づけられている。踏切の名前は、つけられた瞬間から時間が止まっているかのように、昔の風景をひっそりと今に伝えている。踏切の名称にひかれて何十年の「踏切名称マニア」が現地を訪れ、その謎を解き明かす」そのエッセンスを紹介しよう。

 
・踏切には名前がある。私は踏切マニアである。ただし装置としての踏切というよりは、その名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である。JR線(旧国鉄)や地方の私鉄は固有名詞の踏切に満ちている
 

f:id:lp6ac4:20200620054538j:plain

▲「勝負中(なか)踏切」
 

f:id:lp6ac4:20170718134032j:plain

▲パーマ踏切
 

f:id:lp6ac4:20200620055356j:plain

▲爆発踏切
 
「勝負踏切」「観光道踏切」「馬鹿曲(ばかまがり)踏切」「壺焼踏切」「茶碗焼踏切」「瓦焼踏切」「共栄館踏切」「古代文字踏切」「異人館踏切」「無名踏切」「レコード館踏切」「製氷前踏切」「火の見踏切」「洗濯場踏切」「切られ踏切」「靴屋踏切」「天理教踏切」「煙草屋踏切」「横断踏切」「特種踏切」「ファッション通り踏切」「養老院踏切」「天皇様踏切」「勝手踏切」「コンニャク屋踏切」「ノコギリ屋踏切」など。

 

ちょっと〜ちょっとちょっと〜!(笑)いろいろと踏切、観察してみよ!オススメです!(・∀・)

 

f:id:lp6ac4:20200620054419j:plain

ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)

ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)

  • 作者:今尾 恵介
  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: 新書