一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「ぼくらはうまいもんフライヤーズ」(岡田よしたか)

f:id:lp6ac4:20200114054935j:plain 

ぼくらはうまいもんフライヤーズ

ぼくらはうまいもんフライヤーズ

 

この本はケッサク!!!オモシロすぎるっ!!! コレは弊社のテーマ絵本にしたいなあ!(笑)そういえば北海道日本ハムファイターズの前身が東映フライヤーズ」だったね!思い出したよ!

 

フライたちが野球をしたら・・・食べものユーモア絵本!「やきゅうやれへんか?」と空き地で声をかけたのは、エビフライとアジフライ。フライドポテトやコロッケ、たいやきやたこやきまで続々とやってきます。さあ、フライなべ監督のもと、猛特訓開始!」そのエッセンスを紹介しよう。

 
オニオンリングフライドチキンが 空き地で 遊んでいたら
エビフライと アジフライが リヤカーを ひいてきました。
「おーい、野球、やれへんか」
「ええー、野球?」
「隣町の 連中が 試合 したい ゆうとんねん」
「そら、おもしろい。ほな、練習しよ。あ、メンバーも 集めな あかんな」
 
たこやきたいやきは、揚げ物じゃないのでチームに入れないので、衣をつけて油で揚げて、めでたくフライになりようやくチーム入り
 
監督は「フライなべ」
 
イカリングはゴロを取ろうと思っても「トンネル」ばっかり!(笑)
 
バットで打つ練習した。みんなフライばっかり!(笑)
 
チームの名前は「うまいもんフライヤーズ」!!!
 
対戦相手は強敵「お料理キッチンズ」!

 

これ、アニメ化して欲しいなあ。子どもたちは大喜びだろうなあ。オススメです。(・∀・)!

 

f:id:lp6ac4:20200114054935j:plain 

ぼくらはうまいもんフライヤーズ

ぼくらはうまいもんフライヤーズ