一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「長嶋茂雄語録」(小林信也 編)

f:id:lp6ac4:20190903154005j:plain

長嶋茂雄語録 (河出文庫)

長嶋茂雄語録 (河出文庫)

 
ミスタージャイアンツ、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄終身名誉監督。子どもの頃からのファンだ。嫌いなヒトは、いないよね。(  ̄▽ ̄) そして独特の「長嶋節」ともいえるコトバがあるよね。
 
さて、この本「本書には、長嶋茂雄の生い立ちから、節目節目に語られた言葉と映像がつまっている。その言葉遣いはともすれば誤解されがちだが、真に「肉体を持った言葉」(糸井重里)であり、スポーツの本質を伝える言葉にほかならない。生涯を野球に捧げた“燃える男”の、真実の姿がここにある国民栄誉賞受賞を祝して、ここに名著が蘇る」そのエッセンスを紹介しよう。
 
「ぼくのバットマン生活の土台は、あの4三振でつくられた」
 
・「ご覧のとおりにのありさまですよ。今日は全然ダメでした。もちろん狙ったです。ファースト・ヒッティングでやろうと思って……、振っても当たらないんだもの。やっぱり堅くなってたんでしょうね。ぼくはもうとにかく初めてですよ、ああいうスピード・ボール……悔しかったさ、そりゃもう。最後のころなんか、カッカと頭に血がのぼって。でも、あれほどいい三振もなかった。あれほど生きた三振というのもなかった
 
・ヤマ勘打者、動物的勘と巨人に入ったころからいわれていたが、それはちょっと違うんだ。実際、ヤマだけであの小さな球を打つことができると思うか。ヤマだけで三割を打つことは絶対できないことなんだよ。いままでいわれ続けてきたので黙っていたが、いままで一度だって、ヤマをかけたことなんかない。ただ球を無心で打つ。好球必打の鉄則で、ずっとやってきたんだ。だからこそ、三割も何回か記録した。ぼくはヒットを打つことだけに生涯を賭けている男なんだから。たった一本のヒット、一本のシングルに賭けて、毎日毎日歩き続けた男なんだ
 
・野球の原点は、力と情熱だ。
 
チンポコを、ひざでギュッと、はさみつけるように構え、打つ瞬間に、チンポコを前に突き出して……
 
・ほんとうは怖いんですよ。チキショウとがまんするんです。でもぼくは、ビーンボールを投げてくるようなファイトの投手が大好きです。グラウンドは勝負の場ですからねぼくが投手だったらやはり投げるでしょうよ。やられたらカッときます。忘れられません。死球がよけられなくなったら終わりだよ。ぼくは自信がある。体力・気力が充実していれが、絶対逃げられる
 
・自分にヒットが出ずに負けた日は、なんだか取り返しのつかない罪を犯したような、みじめな気持ちになる。
 
・失敗は成功のマザー。

 

「鯖は魚へんにブルー」っていうのも名言(迷言)だよねー!(笑) 長嶋さんの息づかいが聞こえてくるようだ!オススメです!♪

 

f:id:lp6ac4:20190903154005j:plain

長嶋茂雄語録 (河出文庫)

長嶋茂雄語録 (河出文庫)