一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

GOURMET~絶品天ぷら!…「カレーうどん渡邊」(仙台市国分町)

f:id:lp6ac4:20190424012401j:plain

 

天ぷら おばんざい酒場 カレーうどん渡邊

仙台市青葉区国分町2丁目7−2 TONEYAビル1階

022-796-6828   18:00〜翌3:00 日祝休

 

cudon-sakaba.com

毎月のように訪れている仙台。「Dr.Fry」をご採用いただいた名店がまた、誕生ました!その名もカレーうどん渡邊」

 

f:id:lp6ac4:20190425054900j:plain

 

名前のとおりメインはカレーうどんだけど、締めで食べる前の天ぷらのアラカルトが絶品っ!

 

f:id:lp6ac4:20190423183602j:plain

 

塩で食べるんだよね。ワタシは天つゆ派なんだけど、このバリエーションがイイっ!

 

f:id:lp6ac4:20190425055514j:plain

 

見て、見て!このメニュー!天ぷらが80円〜って、なんて良心的っ!

 

f:id:lp6ac4:20190423184630j:plain

 

どれも美味しいんだけど、まずは「パセリ盛り」(280円)。脇役のパセリが主役になる一品っ!パリッパリのサックサクっ!

 

f:id:lp6ac4:20190425060718j:plain

 

定番の「大根煮」(220円)。そして伏兵がカニカマ」(120円0。

 

f:id:lp6ac4:20190423184644j:plain

 

味玉子(160円)写真は二人前。半分に割ってくれているのがウレシイっ!この風味と食感、クセになる。

 

f:id:lp6ac4:20190423192432j:plain

 

「天然稚鮎天(4尾)」(220円)。この苦味、タマラナイ!

 

f:id:lp6ac4:20190423192230j:plain

 

そして何よりウレシイのが、天つゆを頼むとその場で大根おろしを擦ってくれる。しかもタップリ!このライブ感!

 

f:id:lp6ac4:20190423192352j:plain

 

口直しに「紅しょうが」(120円)

 

f:id:lp6ac4:20190423185154j:plain

 

そしてオススメの「どんごろうイワシの素揚げ(3尾)」(360円)ウロコまで食べられる!輝いている!あれっ!?料理長、4尾あるよ!サービスしてくれたね!(笑)

 

f:id:lp6ac4:20190423192911j:plain

 

そして「博多明太子天」(420円)。これが今日イチかな!

 

f:id:lp6ac4:20190423192527j:plain

 

中は限りなくレア。そして外側はカリッカリッ。口の中でこの2つのハーモニーがっ!

 

f:id:lp6ac4:20190423192557j:plain

 

締めは、コレ「辛口カレーうどん(小)」(580円)。いつも天ぷらで満足しているので、ようやく食べられたっ!(笑)

 

f:id:lp6ac4:20190423195633j:plain

 

こういうウンチクとかこだわりを読みながら食べるのって好きなんだよね〜!(笑)

やっぱりココは美味しい。超オススメです。(・∀・)♪

 

f:id:lp6ac4:20190302192121j:plain