一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

「名将たちはなぜ失敗したか」(工藤健策)


名将たちはなぜ失敗したか


プロ野球が開幕したねー。ジャイアンツ、いいねー!上原いいねー!岡本いいねー!このままの調子で行って欲しいねー!(・∀・)!

さて、現在の野球界で「名将」と呼ばれる監督っているかな!?思い当たらないなあ……。(笑)


野村克也はなぜ阪神でダメだったのか。戦力的にもっとも恵まれた巨人から名将がでないのはなぜか。森、仰木、上田、広岡、古葉、権藤など、特筆すべき采配を振るった監督を取り上げて、彼らの敗因と名監督の条件を考える」そのエッセンスを紹介しよう。


監督の采配で勝敗が決まるのは1シーズンで数試合しかないと、何人もの監督から聞いた。完投率の高い大投手たちが投げ合っていた時代は、先発投手が完投すれば勝ち、打たれれば負けだったから、そうだったのだろう。


・しかし、最近の野球は違う。完投数は減り、監督はセットアッパー(中継ぎ)、クローザー(抑え)と投手をつなぐことを前提に防御を考え、攻撃も継投のどこをつくかを見極め、代打、代走を送るのだから、数試合どころか、ほとんどの試合の勝敗に監督の采配が関わっている


・それだけに、監督に対する要求も大きくなった。ファンはどんな弱小チームでも、采配の力で勝たせてもらいたいのだ。期待に答えられる「名将」は出ないものだろうか。現在の野球には、そんな名将は見当たらない。それどころか、かつて名監督と呼ばれた指揮官でさえ、その後はことごとく敗れ去っている。名将はなぜ生まれず、名監督はなぜ敗れるのだろう


監督が一人ですべての状況の変化を予測し、それに対応して戦うことは不可能といえる。現在の監督は有能な参謀・コーチをもたなければペナントレースは乗り切れない。そのためには、現役やコーチ時代から広く眼を開いて人材を見出しておかなければならない。星野が島野を参謀として、投手コーチに宮田征典山田久志と人材を集めたことが参考になる・長嶋茂雄が勝てなかった理由の一つもそれ。原は他山の石とした。多くの監督が球団の望むチーム生え抜きをコーチにして失敗している。フロントに受けがいいコーチが無能なことが多い


かつての「名将」は必ず投手をつぶした。三原は稲尾、鶴岡は杉浦、水原は藤田、中日農人は権藤、阪急上田は抑えの山口、巨人長嶋は中継ぎの橋本、石毛、日本ハム大沢は工藤、星野は近藤、与田、今中。プロ野球の歴史は投手の墓標によって作られる、といって過言ではない。現在の野球では、一人でも投手をつぶしたら(つぶしそうなら)監督は「選手の生活権侵害の罪」「自分の栄誉のために投手を犠牲にした罪」「ファンから、長くその投手のピッチングを楽しむ権利を奪った罪」ですぐにでも解任されるべきだ。


野村克也はなぜ阪神で敗れたか」


7年間のヤクルトの総貯金数の4分の3は阪神戦での稼ぎだ。要するに、ID野球の実態は「阪神をカモにした野球」で、ID野球に無防備だった「阪神にいなければ成立しない野球」だった。IDは詳細にデータをとって分析して相手の弱点を見つけ、そこをついて勝つが、相手も研究してくるから、また新しい弱点を見つけるまでは勝てなくなる。だからID野球ではなかなか連覇できない阪神がカモになりつづけたのは、IDを分析できるスコアラーがいなかったのだろう。98年オフ、野村はその阪神の監督になるが、貯金を稼いだ阪神がいないのだから、成績が上がらないのは当然だった。


名将の条件


1 野球ファン、スポーツファンに好かれる性格であること
2 奥さんの性格・行動には十分留意し、管理できること
3 口がうまいこと
4 勝つこと
5 参謀・コーチに人を得ること
6 球団フロントに人材がいること


凡庸な監督の見分け方


1 ローテーションを守らない
2 打線が固定しない
3 「愛のムチ」が好きだ
4 選手を育てない
5 好き嫌いが激しい
6 捕手を代える
7 負けると、ミーティングをする
8 その他もろもろ


その他、広岡達朗はいつも筋を通すが……」「上田利治は意地の抗議をしたが……」「運を貯めるー仰木彬の18年」「森祇晶の哀しき野球人生」「古葉竹識の評価」「権藤博は優勝の翌年何をしたのか」「悲運の名将の代表は西本幸雄だ」「川上哲治の強運には理由がある」「長嶋茂雄の名将に挑んだ15年」「原辰徳は名将の道を歩みはじめたが…」「星野仙一の特技な何なのか」「若松勉の辛抱」「梨田昌孝のやさしさ」「根本陸夫の功罪」「名将が生まれるためには有能なオーナーの存在が条件」など。


なるほどー!ノムさんってそうだったのかあ!目からウロコ。工藤健策さんの視点がオモシロイ!野球ファン必読。超オススメです。(・∀・)



名将たちはなぜ失敗したか