一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

GOURMET〜約100年前、日本初!カツレツ丼!…「奏す庵」(早稲田)


カツレツ丼 980円(厚カツ2枚、薄カツ3枚、味噌汁、漬物、果物)
奏す庵
新宿区早稲田鶴巻町555-19 鶴屋ビル1F 03-6302-1648
11時〜15、17〜21時  水休
http://www.sauce-un.jp/


カツ丼の歴史は、いまから約100年前、大正2年早稲田の鶴巻町で生まれたという。そのときは馴染みのある玉子とじではなくソースカツ丼であった。ところが関東大震災で被災して、故郷の福井に帰り「ヨーロッパ軒」を再建する。

広島では「広島風お好み焼き」とは言わないように、福井では「カツ丼」といえば玉子とじではなくソースカツ丼のことなのだ。



そのような壮大なドラマから生まれたのがココ、その名も「奏す庵」100年ぶりに早稲田に復活っ!!!



風格のある店構えとのれん。シブいねえ。



中はカウンターだけのシンプルな内装。カウンターの上には調味料等なにもないのがイイ!(・∀・)!!



まずビックリするのが、前菜の梅干し。もちろん福井産。これで口の中がスッキリするのと食欲を増す効果がある。ウマイ!



さあ、来ましたよ−!このお盆の上が小宇宙だねえ。右下のお味噌汁は、ナント!ダシが入っておらず、お味噌そのものの味と具の旨味だけで味付けをしているんだけど、これがバカうま!ダシがはいっていないとはシンジラレナイ!おかわりしたいくらい!(・o・)



丼のフタを開けると、ジャジャジャジャーン!!!厚カツ2枚、薄カツ3枚が所狭しと並んでいる。



甘めのソースがウマイ!そしてお好みで右上のカラメのカラシソースを付ける。これが絶妙っ!!!玉子はいらないんだねー!(・∀・)!そして左上の香の物とデザートのリンゴがにくい。これで税込み980円は安いっ!!!



dancyuにも掲載。カツの油が軽いのは、もちろん「Dr.Fry」がお手伝いしてるからですよー!これはハマりそうだ!次回はディナーで、お酒を呑みながらカツを味わいたい!

ソースカツ丼、あなどれません!超オススメです!(・∀・)