一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

GOURMET〜函館名物「ハセスト」=ハセガワストアの「やきとり弁当」


やきとり弁当(小)445円(ごはん200g 豚精肉3本) 
ハセガワストア 棒二森屋
北海道函館市若松町17−12 棒二森屋 B1F
0138-26-2611 10:00〜19:00
http://www.hasesuto.co.jp/index.html


20数年ぶりに訪れた函館北海道新幹線開通前の11日前。



仙台に寄るので陸路で、函館へ。はやぶさで真青森で特急スーパー白鳥に乗り換える。



開通に伴い、もしかしたら廃止なのかな!?(*_*)



最後の勇姿。グリーンが美しいデザイン。



やっぱり寒いねえ…。「ハクチョーん」なんちって!(笑)



青函トンネル……よく作ったよねえ…。人間ってスゴイなあ…。(・o・)!


一仕事終えて、帰りに函館出身のGLAYが絶賛した「やきとり弁当」というのがあるというウワサを聞き、駅前の「ボーニモリア」へ。外来語かと思ったら棒二森屋なんだね。



地下にお店はある。函館では知らない人はいないのだという。しかもここの「やきとり」はナント「豚肉」。でも「やきとん」ではないのだ!




いろんなメニューがあるが、「やきとり」ひとすじ!すごいなあ、潔いなあ!



オーダーするとその場で焼いてくれるんだねえ。いいなあ。味付けは「タレ・塩・塩ダレ・うま辛」の4種類から選べる。やっぱりスタンダードの「タレ」を。



どおです〜〜!!!(ちばてつやふうに)りっぱなルックスじゃあーりませんか!!!



器のこの溝が「ミソ」(笑)コレで串から身を抜くんだね。さりげない気配り!



ああ〜ウマい……これは、イメージした「やきとり弁当」じゃないなあ!だって豚肉だもんね。豚が美味しい!タレもいいし、敷かれている海苔と紅しょうががまた相性抜群だわー!
名物になるのも分かるなー!函館に来たらまた食べたいなあ!超オススメです。(・∀・)