酒場のギター弾き 小野塚テルの一日一冊一感動『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

BOOK〜『彼には内緒 私たちのセックス白書』(二松まゆみ・須藤なほ

このブログは私の個人のものだけど、ウチ(SA)の会社のブログにも書いています。読んでね。

毎週火曜日が私の担当です。(^v^)

SAトレーナーブログ  小野塚:ABCD……。
http://blog.livedoor.jp/samaster/archives/52196057.html



彼には内緒 私たちのセックス白書

彼には内緒 私たちのセックス白書

いや〜!この本は勉強になりました!(^u^) オクテで(?)恋愛経験の少ない(?)引っ込み思案の(?)私にとっては、なるほど!ということばかり。( ..)φメモメモ


「夫婦仲相談所」所長で多くの女性の悩みを聞いてきた二松まゆみ氏と婦人科の須藤なほみ医師が女性のための新しいセックスを提案しているのだ。やっぱりセックスってコミュニケーションなんだよね〜!(・_・) リアルな中身は読んでいただくとして、その中身をチラッとお見せしよう。


・せっかく女性として生まれてきたんだから、女性ならではの気持ちのいい、明るく楽しい人生を過ごしたほうが絶対お得だと思いませんか?
エッチのジャンルにおいてのみ、ハッピーになろうと努力する女性の数はまだまだ少ない気がするんです。女として生まれた幸せをつかみ取るためにエッチの不満を取り除く行動を自分から仕掛けましょう。それこそが「セックス革命」です。自分ばかりでなく、パートナーのセックスマインドさえも根底から変えてしまうくらいの、人生の一大事になりうる可能性を秘めたもの。エッチの不満は女性の人生の明暗を分けるくらい大切な問題であることに気づいて下さい。


・人間が性行動する意味には、「生殖」「快楽や快感」「コミュニケーション」の三点が含まれています。しかし、現代においては、第三の要素であるコミュニケーションという側面が大きくなっています。


・開放された、素敵なエッチを目指すためには、タブーを乗り越えることも時には必要だと私は考えています。女性は恥じらうべき、清らかであるべきという既成概念から、女性も感じるべき、女性も男性を攻めるべき、という柔軟な発想へと意識を変えればいいんです。今まで「エッチなんて気持ち良くない」「イッたことない」と言っていた女性たちが、「性の世界ってこんなに素晴らしいものだったの!?」とはばかることなく口にする日がついに到来するのです。その日を目指して、タブーを上手に操ってしまいましょう。セックスで人肌のぬくもりを実感したり、気が遠くなるような快感を堪能したり、ふたりだけの世界にのめり込むことは、人間だけに許された特権なんです。


本当に仕事のできる男は、ベッドの上でも手は抜きません。代表的な男性ホルモンであるテストステロンは、男性の「本能的な闘争心」や「狩りの行動」をつかさどるホルモンです。仕事に必要な闘争心や攻撃性を引き出すと同時に、性欲を増強させる働きも持っているんですね。つまり、本来、仕事が乗ってくれば乗ってくるほど、本来なら男性の性欲は強くなるはずなんです。


その他、「ひとこと言わせて!女性たちの不満」 「ひとりよがりなエッチにうんざり」「手抜きセックスはお断り!」「彼とのエッチ、ここが不満!(独身女性編)」「夫とのセックス、ここが不満(既婚女性編)」「データで分析するイケない理由」「クリトリス派の意見」「セックスにテクニックってあるの?」「こんなセックスがしたい!証言集」「みんな悩みを抱えています 証言集」「独身女性のセックスライフ」「幸せのセックスを求めて」「私たち、セックスレスです」「オーガズム証言集」「浮気したことありますか?既婚 33.6% 未婚 47.6%」「目指せ、ステキなエッチ!証言集」「こんなに愛されて、私って幸せ!証言集」「婦人科は今日も大忙し―なほみ先生の臨床報告」などなど。


男性は女性の気持ちがわかるし、女性は共感するところが多いと思うし、カップルや夫婦で読むといいかもね。(^u^)必読!読むべし!



【 SA無料動画セミナー 】 

セールス、コミュニケーション、人間力を高めたい方に!

「今日から使える売り上げが3倍になる七日間営業術」

無料登録はこちら ↓

http://sa-school.net/magazine/