一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

BOOK〜人生に実力をつける本…『泥沼流人生相談』(米長邦雄)

泥沼流人生相談―あなたの人生に「実力」をつける本 (Nesco books)

泥沼流人生相談―あなたの人生に「実力」をつける本 (Nesco books)


私が尊敬する棋士・永世棋聖であり、日本将棋連盟会長の米長邦雄氏。名著があるよね。(^u^)


BOOK〜名著!…『人間における勝負の研究』(米長邦雄
http://d.hatena.ne.jp/lp6ac4/20090210

BOOK〜「運」と「努力」と「才能」の関係…『人生一手の違い』
http://d.hatena.ne.jp/lp6ac4/20071215


そして、この本は大学時代に購入し、何度も何度も夢中になって読んだ感動の本であり、座右の書だったのだが、友人に貸したままで返ってこなかったのだ。その後絶版になってしまい、いろんな古本屋さんを探しても見つからなかった幻の本なのだ!
インターネットのamazonの中古品でゲットしました!25年ぶりの再会!(゜o゜)
あらためて読み返してみると、やっぱり面白い!深い!腑に落ちる!こんな回答をするヨネナガさんはさすが!と感心してしまった。みんな面白いんだけど、その中の二つだけQ&Aを紹介しよう。



Q 【40歳目前、浮気したくてあせる人妻】


私と主人とは仲が良く、毎日のようにSEXをしております。主人がいいますのには「お前は感度がいい、お前を抱いた男は忘れられなくなる」。私は主人以外の男をまったく知りませんので、本当かどうかためしてみたくてたまりません。私も、もうすぐ40歳です。他の男性と浮気するには最後の年齢と思い、あせっております。こんな私は悪い女なのでしょうか?


A 「最後の年齢と思い、あせっている」あなたの一番の間違いはここです。あなたはまだ39歳である。40になっても50になっても、あるいは60になっても、いくらでもチャンスはあります。私のあなたへの回答は、「あせらなくていい」と「悪い女じゃありません」、そして「ほかの男性とためす必要もありません」です。あなたは素晴らしいのです。
しかし、あなたがさらに、違う世界を知りたい、また知らなければ損をしたような気がする、といった気持を抑えきれなくなったとすれば、そのときはあなたの思っていることを、実行なさってはいかがですか。ただし、それに伴うリスクを引き受けるだけの、周到な準備のあとで、踏み切って下さい。


Q 【プロの将棋指しという存在が不可解】


以前から疑問に思い続けているのですが、プロの将棋指しなる人は、生活がなりたっているのでしょうか。
もし、十分なりたっているのだとしたら、ゲームをしながら金が儲かるなんて、そんなことが社会的に許されていいのでしょうか。この疑問が解決されないうちは受験勉強も手につきません。(愛知県 M・Y男 悩める高校三年生)


A 二十年ほど前は、「私はプロ棋士です」と自己紹介すると、「本職は何ですか」と質問されることがしばしばあったけれども、ひさびさに(笑)このような質問に出くわしました。なつかしい気がいたします。
おそらく、あなたが想像している以上に、私の収入は多いのでありましょう。(笑)だからあなたにとって、私たちプロ棋士は許しがたい存在ということにきっとなるだろうと思います。M君、もしあなたが今度生まれ変わることができたなら、ぜひ、この許されないほど優雅な生活をしているプロ棋士になろうとしてみてください。そしてあなたが死物狂いに必死に精進をして、やがてあなた自身の限界にまで到達したときに、今の私の将棋を見て、泥沼流の米長の年収は、もっとはるかに多くていいんじゃないかなあ、と思うに違いありません。



米長邦雄の家
http://www.yonenaga.net/