酒場のギター弾き 小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

BOOK〜寄生虫の達人・藤田紘一郎…『達人に訊け!』

達人に訊け!

達人に訊け!

「宇宙人はいる!」「洗いすぎると病気になる!」「女は香りで男を選ぶ!」等々、無限の宇宙、知られざる昆虫界、映画界の舞台裏、さらには数字の摩訶不思議まで、奇才ビートたけしの深く鋭いツッコミに、達人たちがうっかり漏らした本音と真実の数々。驚きと笑いの雑誌人気連載がついに単行本化!

その中でも寄生虫の達人〜不潔だから健康なんだ!』藤田紘一郎がオモシロイ!その一部を紹介しよう。


藤田 『生活全般がきれいになりすぎてしまったので、アトピーとか花粉症とかに悩まされるようになったんです。』

たけし 『卵や牛乳のアレルギーとかもあって何を食べるか選ぶのも大変になっていますよね。』

藤田 『あんなこと昔はなかったんです。最近は米を食べてもアレルギーになる米アレルギーもすごく多い。たけしさんが子供の頃のように、ばい菌やらカイチュウやらとたくさん付き合っていると、身体を防衛しようとする細胞は、そちらを攻撃するのに一生懸命になります。だからお米の中に入っている「変なもの=アレルギー物質」に気がつかなかった。それがばい菌やカイチュウを身体から追い出したら、このカイチュウ担当の細胞が無役になってしまった。ヒマになったんで、何をしているのかというと、本来は反応しなくていい花粉とか、お米の中にある「変なもの」に気がつくようになった。それに過剰に反応しすぎるのがアレルギー反応なんです。』

『新宿の西口公園で寝ているホームレスの人たちにはアトピーが一人もいない。ハゲの人もあんまりいないんですよ。洗い過ぎたらアトピーになるし、皮膚は弱くなるんです。だからあの人たちは、しっとりした肌をもっていますよ。』

『何でこんなに抗菌グッズが流行っているかというと、「きれい」の方が商売になるからです。抗菌グッズなんて、身体にいいわけない。身体をまもっている菌すらやっつけてしますのですから。
私は、汚いほうがいい、石鹸をあんまり使わないほうがいいといっている、だけどそれでは商売にならないんですね。』

ハア〜…!\(◎o◎)/!そうなのかな…。私はアレルギーやら花粉症やらは全く縁がない…。それは新潟のど田舎で育って野生児だったから、清潔じゃなかったってこと…!?(^_^;)

その他、毛利衛桜井章一戸田奈津子藤原正彦岡野雅行などなど。話も興味深いのだけど、ビートたけしのインタビューの仕方が達人だよね。(^◇^)