酒場のギター弾き 小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

2020-11-15から1日間の記事一覧

「21世紀落語史 すべては志ん朝の死から始まった」(広瀬和生)

21世紀落語史~すべては志ん朝の死から始まった~ (光文社新書) 作者:広瀬 和生 発売日: 2020/01/24 メディア: Kindle版 小学校のクラブ活動で落語をやり、「疝気の虫」「ろくろっ首」をやって、中学では「寿限無」をやった。その頃、初代林家三平師匠が大…