一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2020-02-14から1日間の記事一覧

「結局、人は顔がすべて」(竹内一郎)

ワタシは「面食い」である。ラーメン、そば、うどん、きしめん……「麺食い」である。(笑) 「ツキを呼ぶ顔、仕事がうまくいく顔とは?心がけ次第で良くも悪くもなる顔の本質を知り尽くすことで、誰もが思い通りの顔を手に入れることができる。自分の顔の〝主…