一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2020-01-19から1日間の記事一覧

「日本語の歴史 青信号はなぜアオなのか」(小松英雄)

日本語の歴史: 青信号はなぜアオなのか[新装版] 作者:小松 英雄 出版社/メーカー: 笠間書院 発売日: 2013/08/20 メディア: 単行本 この本のタイトルを見て、なるほどなー!と思いました。そーだよねー!「ミドリ信号」っていわないもんね。それに 違和感を覚…