一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2019-06-15から1日間の記事一覧

「老舗になる居酒屋 東京・第三世代の22軒」(太田和彦)

「立ち飲み屋」「居酒屋」「一杯飲み屋」「赤ちょうちん」「縄のれん」が大好きである。ここに行けばお酒も料理も食事も日本文化も堪能できるので外国人は行きたくなるのだろう。トランプ大統領も行きたくなるのである。近くに良い店があれば毎日でも行きた…