一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2019-01-06から1日間の記事一覧

「昭和歌謡は終わらない」(近藤勝重)

昭和歌謡は終わらない 今年で平成も終わり、っていうけど、ワタシの世代はやっぱり「昭和」だよね〜!特に昭和40年、50年代の音楽はいまだに耳を離れない!さて、この本! 「昭和歌謡ブームの理由とは?社会派ジャーナリストが改めて問う「時代と歌」。ピン…