一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2018-11-05から1日間の記事一覧

「3つのなぞ」(ジョン・J・ミュース)

3つのなぞ 子ども向けの絵本という媒体をつかって深いことを伝えるってイイよね。まさにこの本もそう。タイトル「3つのなぞ」が惹きつけられるっ! 「人生のなかで、迷い、立ち止まるとき、心の奥に問いかける…わたしたちは、どう生きるべきか―そのこたえを…