酒場のギター弾き 小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

毎日の読書、映画、グルメ、流し、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。

2018-08-22から1日間の記事一覧

「宿命の子 笹川一族の神話」(高山文彦)

宿命の子 この本はスゴい……今年読んだ本のベスト3は間違いないだろう。ワタシが尊敬してやまない「日本のドン」こと笹川良一氏と父・良一を支えた三男の笹川陽平・日本財団会長の、父と子の物語そしての「復讐の物語」なのだ。 「1899年に生まれた笹川良一氏…