一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記

タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。(ときどき「酒場のギター弾き」「B級グルメ」も紹介します)

2016-06-06から1日間の記事一覧

「地獄 極楽 絵本」(諸橋精光)

この本はスゴイ…。圧倒される…。やさしいタッチの絵なのに、なんと恐ろしいことか……。(;・∀・)現役僧侶が描いた地獄と極楽の大人向け絵本なのだが。極楽は末尾の数ページ。地獄は、これでもか、これでもかと続いていく…。本当の地獄を見た人でないと表現で…